1. ホーム
  2. ショールーム活用術

  • ショールームって家を建てる人やリフォームする人だけが行くところだと思っていませんか?毎日のくらしを豊かにしたい!そんな方こそショールームをトコトン活用できます!グランフロント大阪にあるHDC大阪を上手に活用しましょう!
※写真をクリックすると各ショールーム詳細へリンクします。

見て 感じて 体験して
HDC大阪の使い方

ショールームがたくさんあって選べない。
そんなあなたに周遊例をご紹介!

Case.01

・インテリアが好き
・ナチュラルな部屋が好み

たとえば…
  • ②ウッドワンキッチン(無垢)・無垢フローリング・内装ドア・収納
  • ⑦スキャンティークオリジナルチーク家具専門店
  • ④ジャストカーテンオーダーカーテン・カーテンレール・ブラインド

Case.02

・私達の家ももう築30年
・子供も独立したしそろそろリフォームの時期?

たとえば…
    • ①トクラスキッチン・バスルーム・洗面化粧台
    • ⑨タカラ大阪キッチン・バス・洗面化粧台・トイレ・給湯器・ホーロー内装材

Case.03

・趣味の時間を楽しみたい
・家にいることが増えたので居心地の良い空間にしたい

たとえば…
    • ⑧SOHBIヨーロッパ輸入食器専門店
    • ⑤a.flatオリジナルのアジアンリゾート家具専門店
    • ③ギャラリーメモリア現代仏壇・仏具

Case.04

・新しい家具を探している
・センスに自信がない

たとえば…
    • ⑦スキャンティークオリジナルチーク家具専門店
    • ⑤a.flatオリジナルのアジアンリゾート家具専門店
    • ④ジャストカーテンオーダーカーテン・カーテンレール・ブラインド

Case.05

・共働きだから家事やお手入れを楽にしたい

たとえば…
    • ⑨タカラ大阪キッチン・バス・洗面化粧台・トイレ・給油器・ホーロー内装材
    • ⑥サンワカンパニーキッチン・バスルーム・洗面化粧台・内外装建材
暮らしの先生に聞く!ショールームに関するQ&Aはこちら

プロフィール暮らし安心研究所 代表室 龍二
安心・快適な暮らしを経済的に実現する、とっておきのノウハウをクイズ形式で紹介する安心快適住宅の専門家。趣味はショールーム巡り。

Q
リフォームする予定もないのにショールームに入ってもいいの?
  • Aもちろんいいんです!
    具体的な計画がないとショールームに行かないという方。もったいないですよ。住宅設備はいろいろな不便を解消し、より快適な暮らしになるよう常に進化しています。その着眼点なり、ポイントなりは、設備を入れ替えることがなくとも、暮らしを改善するヒントになります。行く度にいろいろな発見があるのがショールームなんです。小物からリフォームまでを楽しみながら隙間時間にちょっと見学するのがオススメの活用法です。
Q
1人でショールームに行ったら、売り込まれそうで嫌なんです。
  • A基本に売り込みはありません
    キッチンやお風呂などの住宅設備については、ほとんど売り込まれることはありません。住宅設備は必ず施工が必要になるので、施工会社がいないと買う買わないの具体的な話はできないんですよ。いきなりお客様だけで飛び込んでみたところで、具体的な話は出てこないのです。ですから、まったく心配せず、興味があればどんどんショールームに行って、最近の設備がどうなっているのか見聞を広げることをオススメします。
Q
ショールームがたくさんあってどこを選べばよいかわからない。
  • Aメーカーによって特長はいろいろ。複数ショールームを比較しながらまわるのが大事
    まずはショールームが集まっているHDCのような場所で、複数のショールームを比較しながらまわってみることが大事です。例えばキッチン。キッチンを選ぶうえで何が必要か、どんな素材がいいのか、メーカーによって意見はさまざまです。これが重要なんです。ですから、あまり迷わず、隙間時間に気になったショールームをまわってみるというのがオススメなんです。
Q
キッチンだったらキッチンをトコトン比較検討したらいいの?
  • A関連商品まで広げて!イメージ力が鍵
    面白いのが、関連商品まで広げてショールームを周遊すること。例えば、キッチンショールームを見てから、高級食器店をまわり、有名ブランドの食器で夢を膨らます。お皿一枚、カップ一客で豊かな暮らしを演出することもできるんです。さらに家具店では新たに購入したい家具の配置を考え、最後にカーテンの色味を確認する。まさにリフォームのメリーゴーランド状態!これはなかなか楽しいですよ。
  • 時間がない!
    急なリフォームを成功させるコツ!

不明点や改善点を整理しておくと、かしこく買い物ができます。

オススメしないのが、壊れてから短期間で以前と同じようなリフォームや商品を購入すること。せっかく購入するのに楽しみたいですよね。少しでも暮らしをよくしたいですよね。ですから、定期的にショールーム・インテリアショップに訪問して、不満点や改善点を整理しておいてもらいたいのです。万が一壊れてしまって時間がない状態でも、慌てずポイントを絞って効率的に検討が進められます。

▲このページのトップへ戻る

PC版で見る